試食販売の派遣について

新商品や売り出し強化している飲料やお菓子、食品などをメーカーが直接消費者にアピールをするために行うのがデモンストレーション販売です。それをスーパーやショッピングセンターの食品売り場などで許可を得て行うのがマネキン、試食販売です。
スーパーなどで「新商品の○○です。味見してみませんか?」などと声を掛けられた経験は皆さんあるはずです。この試食販売は主に買い物客が多い土日や祝日に行われるのが大半で、時間帯も10時から19時の1時間休憩というのが一般的です。
試食販売のバイトをする際、派遣会社やマネキン会社に所属し、派遣先という形で職場へ向かうことになります。上記のようにメーカーが新商品のアプローチを行うときは、メーカー主導でスタッフ派遣会社に仕事を依頼していることが多いようです。予算の関係からいつもデモンストレーション販売を行うわけでもないので、雇用主として人員を抱えておくのは難しいという理由もあるでしょう。そのため、試食販売の仕事をしたければ、派遣会社に登録して紹介してもらえば確実です。
このバイトのメリットは、土日、1日単位など好きな時にできることです。また、買い物客とのふれあいや販売成果がモチベーションにもつながります。待遇面でも他の職種に比べて時給が高い傾向にあります。
一方、デメリットは声掛けを一人で買い物客に7~8時間するので、想像以上にきつく孤独な仕事だということ。それに成果がでないと厳しい目で見られることです。
また、働く上で知っておきたい点もあります。お菓子やカレーなどの食品によってはメーカーの希望で年齢層が違ってきますので、希望通りの商品で試食販売に携われないケースもあります。自分が好きな分野ばかりに携われるとは限らないため、色んな商品をアピールできる技術を身につけることが大事です。